IPO 口座開設

IPO 口座開設

丸三証券はIPO当選を狙えるの?【ルール・メリット&デメリット】

丸三証券は年間幹事数は非常に少ないですが当選実績があります。 同一資金での申込が可能ですし、A級銘柄の取り扱いもあります。 口座開設費、維持費等は無料です。口座開設しておいてにデメリットはありません。
IPO 口座開設

SBIネオモバイル証券で当選を100倍に!【メリット・デメリット】

SBIネオモバイル証券はIPO銘柄を1株から買付けすることが出来ます。そのため他社と比べて100倍当選確率が上がります。 BuySell Technologies(7685)IPOで当選を頂きました!
IPO 口座開設

GMOクリック証券は当選を狙う秘策あり!【メリット&デメリット】

GMOクリック証券は当選を狙う効果的な秘策があります。 私も過去にGMO TECH(6026)で当選を頂きました! GMOグループ上場時にはGMOクリック証券にかなりの株数が委託配分されます! そのため当選の期待が大いに高まります
IPO 口座開設

ライブスター証券で当選を狙え!資金0円抽選【メリット・デメリット】

ライブスター証券のメリット・デメリットに関してく詳しく説明します。 前受金不要でIPOに申込めて、取り扱うIPOの全てを抽選に回す完全平等抽選を採用しています。近年、IPO取扱件数も少しずつですが増加傾向にあります。
IPO 口座開設

マネックス証券の当選確率は完全平等!【IPO初心者に大チャンス】

マネックス証券はIPO抽選が完全平等抽選であり、年間IPO取扱い数が非常に多いです。 私は過去に九州旅客鉄道(9142)、LINE(3938)等々で当選を頂きました。 マネックス証券は近年、IPO幹事数を大きく伸ばしています。ネット上でも年間を通して当選報告を見る機会が多くなりました。
IPO 口座開設

DMM株はIPO当選を資金0円で狙える!【メリット&デメリット】

今回は2019年におけるDMM.com証券(DMM株)のIPO取り扱い実績も参照しながらメリット・デメリットを解説していきたいと思います。 2020年6月26日から、株式投資の専門誌である「株式新聞」が無料でWeb上で読めるようになりました!(月額料金は税込で4,400円)
IPO 口座開設

楽天証券でIPO当選が増える見込み!【幹事数増加で今が狙い目!】

楽天証券はIPO幹事引受け数が年々増加傾向にありますが、まだまだ発展途上!これからさらに伸びる可能性があります。 また、過去のIPO取引実績がかなり多いです。ここ3年では右肩上がりに増加傾向であり、申込者数も減っているようなので当選確率は高めとなっています。
IPO 口座開設

岩井コスモ証券で当選は大型IPO多数!後期型おすすめ証券【穴場】

岩井コスモ証券は年間の幹事引受け数が非常に多いですが穴場証券です。 口座開設者は大手に比べ少ないので狙い目の証券会社です。そのため、口座開設していない人には是非お勧めしています。 また、後期型の抽選方式を採用しています。後期型抽選方式についてルールをわかりやすく解説したいと思います。
IPO 口座開設

松井証券は当選を資金0円で狙える!IPO必須証券会社【理由を解説】

松井証券はIPO幹事引受け数が増加し当選者をネットで見かけるようになりました。 2018年よりIPO申し込みルールが後期型から前期型に変更になったことでIPO抽選に参加しやすい証券会社です。IPO抽選ルールは、なんと70%を抽選により配分することになっています。
IPO 口座開設

SMBC日興証券は当選最多!IPOで抽選に強い証券会社【理由を解説】

SMBC日興証券は私の当選履歴を振り返ると一番IPOに当選した証券会社になります。 年間IPO取扱い数は業界最高水準であり、IPO主幹事数も多いです。口座がない方は早めに作っておいたほうがよいと思います。
タイトルとURLをコピーしました