厳選6社!
おすすめ証券会社!

SMBC日興証券
★IPO当選実績ナンバー1。
★管理人一押しの証券会社。
★1口座1抽選の公平抽選。
★お預り資産で当選確率UP。
★配分数10%を抽選へ。

SBI証券 新規口座開設

SBI証券 新規口座開設 | GogoJungleSBI証券 新規口座開設SBI証券 新規口座開設 | GogoJungle
★口座数No.1証券会社。
★IPOチャレンジP有
★プラチナIPO獲得も!
★未成年口座も開設できます。

松井証券 キャンペーン実施中!
★IPOルールが前期型に変更。
★資金不要で抽選参加。
★70%完全抽選配分。
★当選確率も高い!

▼[岩井コスモ証券ネット取引]キャッシュバックキャンペーン実施中!▼
★誰でも平等抽選!
★資金不要で抽選参加。
★幹事数は非常に多い!
★口座数少なめ狙い目証券!

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券
★資金不要で抽選参加。
★当選後入金でOK!
★引き受け幹事数多数!
★未成年口座も開設できます。

auカブコム証券

★1口座1抽選の平等抽選
★同一資金申し込みが可能
★年間幹事数が多い
★後期型のIPO抽選方式

米国株投資はリスクがあり危ないの?メリット・デメリットを徹底解説

資産運用
スポンサーリンク

米国株への投資は日本株よりも魅力的なんて言葉を聞きますが、実際はどうなんでしょうか。

 

現在、私は米国株に2,000万円投資しています。

 

コロナ初期はマイナス400万円も経験しました。

 

そして、ニューヨークダウは過去最高値を更新し30,000ドルに迫る勢い。

 

今回は、これから米国株投資を考えている人に向けた記事です。

 

実体験を踏まえて解説していきたいと思います。

 

一読して頂けたら幸いです。

 

※2020年11月10日最新

 

スポンサーリンク

米国株投資はリスクがあり危ないの?

米国株には日本株と違ったメリット・デメリットが存在します。

 

では一体何が違うのでしょうか?

 

具体的には下記の通り。

 

▼大きく利益を出しやすい
▼ストップ高、ストップ安がない
▼「取引時間」が異なる
▼取引費用・為替手数料

 

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

大きく利益を出しやすい

日本株で大きく利益出すことは難しい!と思っている人は多いかもしれません。

 

私も実際にそう思っていました。

 

デイトレで秒速億り人なんて人もいますが、私のスタンスはIPOと長期投資。IPOですと短期的に大きく利益を上げることは可能ですが、当選するのは容易ではありません。かといって日本株への長期投資も横ばいか緩やかな成長。

 

日経平均株価最高値である1989年の39,000円台をいまだに30年以上も更新していないのが裏打ちかもしれません。

 

ここで米国株を見てみましょう。

 

米国株はニューヨークダウ・ナスダックを筆頭に過去最高値を更新し続けています。これだけも日本株に比べて魅力が高い事は明白です。

 

また、米国株の代表的な銘柄『apple』『Amazon』『Microsoft』の株価推移を見ていきましょう。

 

appleAmazonMicrosoft

 

3銘柄共に、この一年だけでも右肩上がりのチャートになっています。

 

✅10年で見るとAppleの株価はなんと約7倍

 

✅Amazonに関しては2010年の株価は約120ドルで、現在の株価約2,300ドルで約20倍です!

 

✅Microsoftは私が購入した実績を紹介。

2019年11月・2020年12月に合計400万円購入し現在は+1,376,755円(31.3%)です。

 

このように米国株は日本と比べても凄まじい値上がりをする株が多数あります。もちろん、日本株でも大きく値上がりする株はありますが、規模の大きいアメリカに比べるとその数は圧倒的に変わってきます。

 

この点は最大のメリットになりそうですが、逆にデメリットでもあります。

 

新型コロナウイルス初期に、私の持ち株も直撃を受け含み損マイナス400万円も経験しました。

 

まさに「山高ければ谷深し」です。

 

ストップ高、ストップ安がない

米国株に『ストップ高』・『ストップ安』といった値幅制限はありません。

 

しかし、市場全体が大きく動いて売買が停止になる「サーキットブレーカー」があります。

 

新型コロナウイルスの影響もあり、耳にした方もいると思いますが、株式市場が異常なほどに過熱し変動した際に、クールダウンタイムを設けトレーダーに冷静さを取り戻させる制度のことです。

 

1987年10月19日の「ブラックマンデー」を契機に導入されました。

 

「取引時間」が異なる

米国株と日本株では時差の関係で株式の「取引時間」が大きく変わります。

 

日本と米国東部との時差は通常14時間でサマータイムでは13時間になります。

 

具体的には下記の通り。

 

通常時
日本時間:23時30分~翌朝6時まで【サマータイム
日本時間:22時30分~翌5時
※サマータイムの設定は3月第2日曜日~11月第1日曜日まで。

 

日本の株式市場には、11時半~12時半まで昼休みがありますが、米国の株式市場には昼休みはありません。加えて、【サマータイム】が導入されているのが大きな違いになります。

 

取引費用・為替手数料

米国株購入で円をドルに替える際に為替手数料が発生します。

 

かつては、米国株取引の際は最低手数料は5ドルと決まっていました。

 

しかし、2019年7月、マネックス証券米国株取引が最低手数料の撤廃を発表しました。他の証券会社もこれに追従し、驚くほど低額で米国株を購入できるようになりました。また、米国株は1株ずつ購入することも可能です。

 

1株から購入可能ですと、1株=100ドル程度なので1万円で購入できます。

 

少ない資金でも投資を始められるというメリットがあります。

 

外国株特有のリスクは?

米国株には株取引で得た利益に対して、為替(ドル⇒円)変動するリスクがあります。

 

為替変動リスク:株取引で得た利益を為替(ドル⇒円)変動で損するリスク

 

一番得をするのは、『円高のときに買って、円安のときに売る』事が望ましいです。

 

理由は、米国株購入時に米ドルに対して日本円の価値が高くなっていれば、日本円を支払う金額が減ります。

 

一方で米国株売却時は買ったときよりも円安になっていれば為替分の利益が上乗せされます。

 

しかし、逆になると米国株を購入後に円高が進むと、為替リスクによるダメージを受けてしまうリスクがあるということです。

 

実際に、私も昨年の11月に米国株を購入していますので、現在の円高は頭が痛いところ。

 

当初より長期的な目線で米国株に投資しているので、円安に落ち着つくまではドルのまま米国株の売買を繰り返し、利益を伸ばそうと思います。この場合は為替手数料もかかりません。

 

日々の収益を公開中

米国株に投資した日々の収益を公開しています。

 

一週間で100万円以上の開きがあります。

 

参考にして頂けたら幸いです。

 

日々の収支は»こちら

 

米国株を買うならこの証券会社

あかぱん
あかぱん

アメリカ株でおすすめネット証券会社は下記の4社となります!

IPO(新規未公開株)も取り扱ってますのでオススメです!!

SBI証券楽天証券DMM 株マネックス証券
SBI証券 新規口座開設SBI証券 新規口座開設 | GogoJungle
口座開設SBI証券 新規口座開設 | GogoJungle口座開設口座開設口座開設
紹介HP紹介HP紹介HP紹介HP

上記4社のネット証券から取引すればかなり手数料は抑えられます。

 

各社の比較については下記の通り。

 

項目取引手数料最大取引手数料為替手数料(1ドル)
DMM.com証券無料無料25銭
マネックス証券取引額×0.45%20.0ドル買付:0銭
売却:25銭
SBI証券取引額×0.45%20.0ドル25銭
楽天証券取引額×0.45%20.0ドル25銭

上記の通り手数料では、DMM.com証券のみが米国株の取引手数料が完全無料です。

 

詳しく言うと、各社ともに最低取引手数料は無料ですが、DMM.com証券のみ最大取引手数料も無料です。

 

加えて、米国株投資では為替手数料が発生しますが、マネックス証券のみ買付時取引の手数料が無料となっています。

 

私はネット証券では『DMM.com証券』で取引をしています。

 

DMM.com証券のみ取引手数料が完全無料
これから米国株投資を考えている方は、手数料を抑えるためにDMM.com証券で取引を行うことは有効であると考えます。とりあえず口座開設しておくだけでも良いかなと思います。
»DMM.com証券の手数料無料はこちら

まとめ

あかぱん
あかぱん

今後の成長性が期待できる『米国株』を取引するメリットは非常に大きいのです。

米国は世界最大規模の証券市場になり、日本の株式市場にはない魅力が多いのが米国株の特徴です。

今後も持続的に米国株は成長していくと私は考えています。

理由は二つ。

▼人口が増え続けている。
米国は人口増加の一途をたどっています。人口が増え続ければ必然的に消費が増え、経済が上向き、株価が上昇するからです。これに対して日本は2008年頃が人口減少元年と言われ減少の一途を辿るとみられています。こうなると経済成長の観点から比較するなら米国株投資が有効であることが考えられます。

▼超絶緩和政策
新型コロナウイルスの影響で、FRBがゼロ金利政策と量的緩和政策を当面継続する見通しになっています。米大統領選が一段落し、米ファイザーの新型コロナワクチンが第3相試験で90%の有効性を出しました。これに緩和政策が追い風となればプチバブルが向こう2年は継続すると私は考えています。

以上の理由から私は今後も米国株投資を続けます。

もちろん、今回の記事で紹介した米国株投資のリスクやデメリットはしっかりとリスク管理する必要があります。

今後、米国株を自身のポートフォリオの一部に取り込もうと考えている方は、私の収支やブログを参考にして頂き、リスクを抑えた形での参戦が望ましいと考えます。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

↓6年前に600万円からスタートし4300万円まで増えた全記録です。

【おすすめ】IPO投資の完全マップ【基礎・中級・上級:25記事で解説】
IPO投資&資産運用を6年前からスタートし600万を4300万円まで増やすことが出来ました。 当記事では、投資の基礎から応用まで、基礎・中級・上級:25記事+αで解説しま【続きを読む】

↓当選に近づく有料級の内容です!

【永久保存版】IPO当選口座開設ロードマップ【口座開設おすすめ順】
IPO投資で効果的に当選を狙う口座開設の順番を教えます。 当記事では、IPO投資に必要な証券会社と当選に近づく口座開設の順番をまとめました。 『これからIPOを始め【続きを読む】

これからIPOラッシュを迎えますので閑散期のいまのうちに口座開設してIPOラッシュに備えましょう。

IPO投資&資産運用で1,000万円稼ぐことは可能!
IPO投資の完全マップ 基礎・中級・上級 25記事で解説

IPO投資のため、今のうちに口座開設して準備しよう!
口座開設で当選確率アップへ

■【必見】20代の方に読んでもらいたい!
20代から始めれば1億円に到達できる資産運用3選

■FXを始めるなら口座開設して投資に備えよう
今ならお得な口座開設キャンペーン有り

■スマホ一つで自動資産運用が可能です
サラリーマン・主婦・学生必見!スマホで自動運用7選

■私が株式投資で人生が変わったお話です。
【おすすめ】株初心者だったOLがIPO投資で年間400万円稼ぐ手順

■話題のインデックスファンドに300万円で爆益!?
SBI・バンガード・S&P500の運用成績を毎日更新

■マイクロソフト株に400万円投資で凄いことに
【365日更新】マイクロソフト株に400万円投資した結果凄いことに

■SBI証券おすすめ投信
積立NISAのリアルな運用成績を毎日公開

■米投資信託800万円の運用で大損失!?
【Twitter・ブログ日々更新】投資800万円の運用で大損失!?

タイトルとURLをコピーしました