厳選6社!
おすすめ証券会社!

SMBC日興証券
★IPO当選実績ナンバー1。
★管理人一押しの証券会社。
★1口座1抽選の公平抽選。
★お預り資産で当選確率UP。
★配分数10%を抽選へ。

SBI証券 新規口座開設

SBI証券 新規口座開設 | GogoJungleSBI証券 新規口座開設SBI証券 新規口座開設 | GogoJungle
★口座数No.1証券会社。
★IPOチャレンジP有
★プラチナIPO獲得も!
★未成年口座も開設できます。

松井証券 キャンペーン実施中!
★IPOルールが前期型に変更。
★資金不要で抽選参加。
★70%完全抽選配分。
★当選確率も高い!

▼[岩井コスモ証券ネット取引]キャッシュバックキャンペーン実施中!▼
★誰でも平等抽選!
★資金不要で抽選参加。
★幹事数は非常に多い!
★口座数少なめ狙い目証券!

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券
★資金不要で抽選参加。
★当選後入金でOK!
★引き受け幹事数多数!
★未成年口座も開設できます。


auカブコム証券
auカブコム証券
★1口座1抽選の平等抽選
★同一資金申し込みが可能
★年間幹事数が多い
★後期型のIPO抽選方式

IPOに当選しない理由!IPOが当選しなくなっているのは事実です

IPO
スポンサーリンク

「IPO当選しません……」という声が私のフォロワーさんから聞こえてきます。

 

IPO投資は限りなくローリスクでミドル・ハイリターンに近い投資法です。最近では幅広い層の投資家に人気があり、IPO相場の過熱ぶりも相まって人気に拍車が掛かっています。

 

結果、「IPOが以前より当選しなくなっているのは事実です」

 

では、打開策はあるのでしょうか。

 

※2020年10月08日最新

 

スポンサーリンク

IPOに当選しない理由

私がIPO投資を始めた6年前と比べても当選する回数は減ったように思います。

 

これはIPO相場の過熱による参加人口増加が大きな要因といえます。

 

特にここ数年はIPO上場&セカンダリー人気でIPO株は、公募価格に対する初値の騰落率が極めて高くなりました。

 

直近では、初値テンバガーを達成したヘッドウォータース(4011)や初値形成後に大化けしたティアンドエス(4055)が記憶に新しいと思います。

 

・ヘッドウォータース(4011)
28,560円 (公募価格比+26,160円 +1,090.0%)
・ティアンドエス(4055)
7,010円 (公募価格比+4,210円 +150.4%)

 

上記以外のクラウド・IT関連銘柄も軒並み初値高騰しており、近年稀にみるほどIPO相場が過熱しています。

 

コロナ初期の3月を除けばIPO銘柄の勝率は9割近く、初値の騰落率が100%、時には200%以上を上回るとなれば、もはや、IPO投資をやらない理由が見当たりません。

 

しかしながら、結果としてIPOに当選する回数が減りました。

 

イメージとしてはコンスタントに「ヒット」を打つのではなく、一撃の「ホームラン」を狙う感じで抽選に参加している状態です。

 

IPOの当選確率はどれくらい?

IPO投資はもともと、当選確率は高くありません。

 

IPOの当選確率は、主幹事証券会社、平幹事証券会社、証券会社毎の特性によって変わります。

 

プラチナIPOクラスになると当選確率は0.1~0.3%程度で、大型IPOとなると規模にもよりますが5~10%程度となります。IPOの当選確率は決して高くはありません。

 

高くない当選確率に拍車を賭けて投資家が群がるのですから「当選」を諦める人もいるかもしれません。

 

しかし、IPOの当選確率を上げる秘訣はいくつか存在します。

 

IPO当選確率を上げる秘訣5つを紹介

主幹事証券会社や前受け金不要の証券会社から抽選に参加することは、もはやIPO投資において常識です。それ以外のことをしていかないと当選確率は上がりません。

 

年々、当選確率は減っていても下記の秘訣は、まだまだ有効な手段ですので必ず最後まで読んでください。

 

それではさっそく見ていきましょう。

 

当選確率を上げる秘訣5つは次の通り。

秘訣1:証券会社独自のルールを活用!
秘訣2:時間差で確率UPさせる!
秘訣3:穴場証券を確実に狙う!
秘訣4:多くの証券口座保有は必須事項
秘訣5:店頭証券会社で大型IPO参加!

 

秘訣1:証券会社独自のルールを活用!

IPOで当選確率を上げるためには、各証券会社の独自ルールを活用しましょう。

 

IPOチャレンジポイント

SBI証券の「IPOチャレンジポイント」は現在キャンペーンも行っていますが、ポイントを貯めればいつかは必ず当選出来ます。やらない理由はありません。

SBI証券
SBI証券で当選多数!なぜIPO投資必須の証券会社なの?理由を解説
私は過去にリンク(4428)、エクストリーム(6033)等々で当選を頂きました。当選に外れてもIPOチャレンジポイントが貯まります!

 

ステージ優遇措置を活用する

大和証券・岡三オンライン証券・SMBC日興証券は取引状況に応じてIPO当選の優遇措置が受けられます。

 

取引状況に応じたステージ優遇措置によって、当選確率が大幅に上がります。

 

例えば、大和証券のプレミアムサービスは、月末最終営業日に1000万以上入金が確認出来れば翌月から1年間優遇処置を受けることが出来ます。これは家族にも拡大で適用可能ですので4人家族なら全員が優遇処置適用となります。(※申請必要)

SMBC日興証券
SMBC日興証券は当選最多!IPOで抽選に強い証券会社【理由を解説】
SMBC日興証券は私の当選履歴を振り返ると一番IPOに当選した証券会社になります。 年間IPO取扱い数は業界最高水準であり、IPO主幹事数も多いです。口座がない方は早めに作っておいたほうがよいと思います。
大和証券
大和ポイントプログラム廃止でチャンス当選も廃止?電話で聞いてみた
「チャンス当選」は本当に廃止になってしまうのか?管理人が大和証券に直接電話して聞いてみました。「ダイワのポイントプログラム」廃止で変わる今後のIPO投資について解説したいと思います。
岡三オンライン証券
岡三オンライン証券で当選をGET!資金0円で抽選参加【理由を解説】
岡三オンライン証券は資金0円でIPOに当選できます。管理人は過去に日本郵政(6178)、かんぽ生命(7181)で当選を頂きました。 岡三オンライン証券は、岡三証券グループのネット証券会社です。口座数が少なく年間を通して引き受け幹事数が多いのが特徴です。

 

ひとくちIPOで当選確率UP

SBIネオモバイル証券の「ひとくちIPO」なら1株から抽選に応募できます!

 

1株からですのでリスクを抑えることが出来き、もちろん当選確率もUPします。

SBIネオモバイル証券で当選を100倍に!【メリット・デメリット】
SBIネオモバイル証券はIPO銘柄を1株から買付けすることが出来ます。そのため他社と比べて100倍当選確率が上がります。 BuySell Technologies(7685)IPOで当選を頂きました!

 

秘訣2:時間差で確率UPさせる!

後期型抽選方式

前期型の資金を後期型に移して同一資金で2回抽選チャンスが生まれます。

 

【後期型IPOの申込手順】
① ブックビル申込期間中にブックビルディング申込をする
② 購入申込期間に購入申込を済ませる←入金必要
③ IPO抽選の発表が行われる

 

後期型IPOの特徴は前期型IPO抽選と日程のずれがあることです。これを上手く活用する事で大きなメリットが生まれます。

 

例えば前期型のSBI証券で抽選に参加し、落選が決定したら住信SBIネット銀行から即座に資金を他銀行に引き出し岩井コスモ証券に移すことも可能です。

 

特に投資資金が少ない方にはチャレンジすると当選確率が上がります。このように後期型の証券会社には資金効率・抽選回数UPという大きなメリットがあります。

 

【後期型IPO申込を採用している企業】
岩井コスモ証券
au カブコム証券
楽天証券
GMOクリック証券

秘訣3:穴場証券を確実に狙う!

口座開設者が少ない証券会社は狙い目です。口座開設の手間はありますがその後はメリットしかないです。

 

大型IPO上場時には複数株当選が狙えますし、プラチナ級のIPO取扱いもあります。直近では、アースインフィニティ(7692)の幹事に丸三証券が入りました。

丸三証券
丸三証券はIPO当選を狙えるの?【ルール・メリット&デメリット】
丸三証券は年間幹事数は非常に少ないですが当選実績があります。 同一資金での申込が可能ですし、A級銘柄の取り扱いもあります。 口座開設費、維持費等は無料です。口座開設しておいてにデメリットはありません。
GMOクリック証券
GMOクリック証券は当選を狙う秘策あり!【メリット&デメリット】
GMOクリック証券は当選を狙う効果的な秘策があります。 私も過去にGMO TECH(6026)で当選を頂きました! GMOグループ上場時にはGMOクリック証券にかなりの株数が委託配分されます! そのため当選の期待が大いに高まります
ライブスター証券
ライブスター証券で当選を狙え!資金0円抽選【メリット・デメリット】
ライブスター証券のメリット・デメリットに関してく詳しく説明します。 前受金不要でIPOに申込めて、取り扱うIPOの全てを抽選に回す完全平等抽選を採用しています。近年、IPO取扱件数も少しずつですが増加傾向にあります。

 

秘訣4:多くの証券口座を保有は必須事項!

IPO投資では多くの証券口座を保有することで、結果として大きな利益に結び付きます。

 

口座開設するのは手間ではありますが維持費・管理費はかかりません。より多くの抽選に参加することで当選確率を上げることが出来ます。

 

一気にすべて口座開設は大変ですが、長期目線で必須事項になります。

【永久保存版】IPO当選口座開設ロードマップ【口座開設おすすめ順】
IPO投資で効果的に当選を狙う口座開設の順番を教えます。 当記事では、IPO投資に必要な証券会社と当選に近づく口座開設の順番をまとめました。『これからIPOを始めたい人』や『成果が出ない人』は是非ご覧ください。

 

秘訣5:店頭証券会社で大型IPO参加!

店頭証券は多くの資金がないと追い返される怖いところではありません。

 

店頭証券会社のIPO配分割合の内訳は抽選が10%に対し、裁量配分は90%と非常に大きいです。す。よってIPOの入手確率はとても高いメリットがあります。

 

<裁量配分>
裁量配分は主に手数料の割高な店頭証券の口座が必要になります。また、頻繁に売買してくれる人にIPOを配分する事が多いと言われています。

 

裁量配分割合が引き受けIPO全体の90%であることは非常に魅力的です。また店頭ですと大型IPO時にまとまって配分が来ることもあります。

 

店頭証券会社は敷居の高いイメージですが、まずは抽選を中心にIPO投資で資金を増やし、資金が出来たら本格的に店頭証券にチャレンジ!でも良いと思います。

まとめ

あかぱん
あかぱん

IPOの当選確率は減っていますが確率を上げる対策は出来ます!

IPO人口の増加で年々当選確率は低下しています。

しかし、IPOは年間にして100社近く上場します。一回の当選で数十万の利益が出ることもしばしばです。年に何回か当選しただけでも大きな利益に結び付きます。

抽選のハードルが年々上がりIPO株を購入できるかどうかは運次第ですが、地道な努力が実を結ぶ投資法ですので出来ることから一つ一つ行っていきましょう!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

↓6年前に600万円からスタートし4300万円まで増えた全記録です。

【おすすめ】IPO投資の完全マップ【基礎・中級・上級:25記事で解説】
IPO投資&資産運用を6年前からスタートし600万を4300万円まで増やすことが出来ました。 当記事では、投資の基礎から応用まで、基礎・中級・上級:25記事で解説します。限りなく網羅的にまとめましたので、『効果的な投資のやり方がわからない人』や『投資で稼げず悩んでいる人』は是非ご覧ください。

↓当選に近づく有料級の内容です!

【永久保存版】IPO当選口座開設ロードマップ【口座開設おすすめ順】
IPO投資で効果的に当選を狙う口座開設の順番を教えます。 当記事では、IPO投資に必要な証券会社と当選に近づく口座開設の順番をまとめました。『これからIPOを始めたい人』や『成果が出ない人』は是非ご覧ください。

これからIPOラッシュを迎えますので閑散期のいまのうちに口座開設してIPOラッシュに備えましょう。

IPO投資&資産運用で1,000万円稼ぐことは可能!
IPO投資の完全マップ 基礎・中級・上級 25記事で解説

IPO投資のため、今のうちに口座開設して準備しよう!
口座開設で当選確率アップへ

■【必見】20代の方に読んでもらいたい!
20代から始めれば1億円に到達できる資産運用3選

■FXを始めるなら口座開設して投資に備えよう
今ならお得な口座開設キャンペーン有り

■スマホ一つで自動資産運用が可能です
サラリーマン・主婦・学生必見!スマホで自動運用7選

■私が株式投資で人生が変わったお話です。
【おすすめ】株初心者だったOLがIPO投資で年間400万円稼ぐ手順

■話題のインデックスファンドに300万円で爆益!?
SBI・バンガード・S&P500の運用成績を毎日更新

■マイクロソフト株に400万円投資で凄いことに
【365日更新】マイクロソフト株に400万円投資した結果凄いことに

■SBI証券おすすめ投信
積立NISAのリアルな運用成績を毎日公開

■米投資信託800万円の運用で大損失!?
【Twitter・ブログ日々更新】投資800万円の運用で大損失!?

タイトルとURLをコピーしました