厳選6社!
おすすめ証券会社!

SMBC日興証券
★IPO当選実績ナンバー1。
★管理人一押しの証券会社。
★1口座1抽選の公平抽選。
★お預り資産で当選確率UP。
★配分数10%を抽選へ。

SBI証券 新規口座開設

SBI証券 新規口座開設 | GogoJungleSBI証券 新規口座開設SBI証券 新規口座開設 | GogoJungle
★口座数No.1証券会社。
★IPOチャレンジP有
★プラチナIPO獲得も!
★未成年口座も開設できます。

松井証券 キャンペーン実施中!
★IPOルールが前期型に変更。
★資金不要で抽選参加。
★70%完全抽選配分。
★当選確率も高い!

▼[岩井コスモ証券ネット取引]キャッシュバックキャンペーン実施中!▼
★誰でも平等抽選!
★資金不要で抽選参加。
★幹事数は非常に多い!
★口座数少なめ狙い目証券!

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券
★資金不要で抽選参加。
★当選後入金でOK!
★引き受け幹事数多数!
★未成年口座も開設できます。


auカブコム証券
auカブコム証券
★1口座1抽選の平等抽選
★同一資金申し込みが可能
★年間幹事数が多い
★後期型のIPO抽選方式

楽天証券でIPO当選が増える見込み!【幹事数増加で今が狙い目!】

IPO 口座開設
スポンサーリンク

楽天証券はIPO幹事引受け数が年々増加傾向にありますが、まだまだ発展途上!これからさらに伸びる可能性があります。

 

楽天証券と言えば過去のIPO取引実績が、かなり多いです。ここ3年では右肩上がりに増加傾向であり、申込者数も減っているようなので当選確率は高めとなっています。

 

さらに株主優待をする方には楽天証券はお馴染みになりつつあるかもしれません。一般信用売建サービスを開始したことで株主優待をクロスする人が増えました。

 

今回は楽天証券のIPO抽選ルール詳細を記事にしてみました。

 

口座開設はこちら»▶楽天証券

 

スポンサーリンク

楽天証券


SBI証券 新規口座開設 | GogoJungle

おすすめ度:★★★★

【公式サイト】楽天証券

私は過去にレオス・キャピタルワークス(7330)で当選を頂きました。

 

後期型抽選方式

前期型の資金を後期型に移して同一資金で2回抽選チャンスが生まれます。

 

【後期型IPOの申込手順】
① ブックビル申込期間中にブックビルディング申込をする
② 購入申込期間に購入申込を済ませる←入金必要
③ IPO抽選の発表が行われる

 

後期型IPOの特徴は前期型IPO抽選と日程のずれがあることです。これを上手く活用する事で大きなメリットが生まれます。

 

例えば前期型のSBI証券で抽選に参加し、落選が決定したら住信SBIネット銀行から即座に資金を他銀行に引き出し岩井コスモ証券に移すことも可能です。

 

特に投資資金が少ない方にはチャレンジすると当選確率が上がります。このように後期型の証券会社には資金効率・抽選回数UPという大きなメリットがあります。

 

【後期型IPO申込を採用している企業】
・楽天証券
・au カブコム証券
・岩井コスモ証券
・GMOクリック証券

 

上記の中でも楽天証券、岩井コスモ証券とau カブコム証券の年間IPO取扱いは非常に多いので口座を持っていた方が良いでしょう。

岩井コスモ証券で当選は大型IPO多数!後期型おすすめ証券【穴場】
岩井コスモ証券は年間の幹事引受け数が非常に多いですが穴場証券です。 口座開設者は大手に比べ少ないので狙い目の証券会社です。そのため、口座開設していない人には是非お勧めしています。 また、後期型の抽選方式を採用しています。後期型抽選方式についてルールをわかりやすく解説したいと思います。
auカブコム証券で当選多数!IPO抽選おすすめ証券会社【ルール解説】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事の時に抽選参加するだけでも当選確率がかなり引き上がります!狙い目ですよ。 私は過去にメルカリ(4385)、コメダホールディングス (3543)、JR九州 (9142)等々で当選を頂きました。

 

IPOの年間幹事数が多い

楽天証券の幹事数は年間で10%~20%あり

 

楽天証券の3年間のIPO幹事実績です。

 

IPO全体の20%~30%を幹事証券として取り扱います。また、ここ3年では右肩上がりに幹事数を増やしています。

2020年2019年2018年
幹事数21社 / 59社中26社 / 86社中11社 / 90社中

 

楽天証券のIPO抽選ルール

楽天証券のIPOルールは次の通り。

 

・1口座1抽選の平等抽選であり引受けた株数を100%抽選に回している。
・楽天証券では、未成年口座からIPOに申し込むことも可能です。
・後期抽選型の狙い目証券会社。
・銘柄別に抽選倍率が確認できるシステムですので人気指標を図ることも可能。
・抽選によらない配分も一部存在する。
・原則引受けた株式の全数を抽選に回す。
・ここ数年はIPO取扱い数がかなり増加傾向にある。

1口座1抽選の平等抽選を採用しており、抽選は引受けた株数を100%抽選に回す企業です。

 

IPO投資において、楽天証券は他の証券会社に比べて穴場証券です。平等抽選であれば分母が少ない分、当選確率が高くなります。狙い目証券で間違いなしです!

 

また、楽天証券で抽選に参加すると抽選倍率も表示されます。これは他の証券会社ではあまり見られないシステムですのでIPO銘柄の当選確率や人気度を測ることが出来ます。

 

株主優待取得にも力を入れている証券会社

楽天証券公式HPより

楽天証券は株主優待取得でも頼りになる証券会社です。

株主優待にも力を入れているのでIPO投資だけを行うには勿体ない証券会社です。この機会に優待クロス(つなぎ売り)にもチャレンジして生活に彩を添えて下さい。

優待クロス(つなぎ売り)について下記の記事でまとめています。

株主優待をお得にGET!クロス取引(つなぎ売り)概要&コストを解説
今回は読者の方から優待クロス取引にかかる必要コストについて、質問がありましたので説明して行こうと思います。 優待クロスは初心者にもおすすめできる低リスクな投資法です。この機会にしっかり内容を理解してもらえれば幸いです。

是非一読をお願いします。

 

デメリットは?

2回の抽選参加申し込み

楽天証券は後期型抽選を採用していますので、2回の抽選参加申し込みが必要になります。このため2回目の抽選参加を失念する人が後を絶ちません。言い換えればそれだけ分母が減りますので当選に近づきます。

 

資金が必要になるのは購入申し込み時になりますので、このタイミングで2回目の申し込みを必ず行うようにしましょう。

 

外国株の取り扱いが少ない

少し前に、私も始めましたが外国株人気が凄いです。楽天証券でも取り扱いがあるのですが、まだまだ他の証券会社よりも取扱数が少ないように感じます。これからに期待といったところでしょうか。

 

IPO投資におすすめなパソコン

以前にIPO投資でおすすめのPC紹介記事を出したのですが反響が大きかったのでご紹介します。

私がIPO投資に使っているノートパソコンです。

Amazon 売れ筋ランキング1位

GLM 超軽量 薄型 PC ノートパソコン

●5万円以下とお得ながらとてつもなくコスパが高い

●超軽量ノートパソコン。 重さ約1.3㎏、厚み約1㎝の薄型ながら高速SSDを搭載したハイスペックモデル

●Microsoft Office 2019搭載ですのでExcelを用いて抽選参加表も作成可能

●高速SSD内蔵で作業効率が各段に向上

●超軽量なので持ち歩くにも便利

●IPOラッシュ時にPCで快適に申込み

ざっくりですが、上記のとおり。

IPOラッシュ時はパソコンが大活躍!作業効率が格段に上がります。

まとめ

あかぱん
あかぱん

楽天証券のIPO取扱い銘柄はまだまだ増える見込みです。

楽天証券は年間を通してIPO取扱いの多い証券会社です。

今後、IPO取扱い件数がより増えてくると思われるため、早めに口座開設し抽選に参加することで当選できる可能性が高まります。

また、IPO投資と優待クロス(つなぎ売り)をされる方には口座を持つメリットが十分あります。

加えて、スマートフォントレーディングツールの「iSPEED」は株式取引、FX、先物オプション取引に対応しており、快適にトレードに参加することが可能です。

「iSPEED」は私も使用していますが、現行どのツールよりも使いやすいです。このツールを使用するだけでも楽天証券で口座開設する価値がある程です。

口座維持費などはもちろん無料ですので口座開設しておいて損は無いと思います。

自分に合った証券会社をお探しの方は、楽天証券は一押しです!

 

口座開設はこちらから▶楽天証券

↓当選に近づく有料級の記事です!

【永久保存版】IPO当選口座開設ロードマップ【口座開設おすすめ順】
IPO投資で効果的に当選を狙う口座開設の順番を教えます。 当記事では、IPO投資に必要な証券会社と当選に近づく口座開設の順番をまとめました。『これからIPOを始めたい人』や『成果が出ない人』は是非ご覧ください。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

↓6年前に600万円からスタートし4300万円まで増えた全記録です。

【おすすめ】IPO投資の完全マップ【基礎・中級・上級:25記事で解説】
IPO投資&資産運用を6年前からスタートし600万を4300万円まで増やすことが出来ました。 当記事では、投資の基礎から応用まで、基礎・中級・上級:25記事で解説します。限りなく網羅的にまとめましたので、『効果的な投資のやり方がわからない人』や『投資で稼げず悩んでいる人』は是非ご覧ください。

これからIPOラッシュを迎えますので閑散期のいまのうちに口座開設してIPOラッシュに備えましょう。

IPO投資&資産運用で1,000万円稼ぐことは可能!
IPO投資の完全マップ 基礎・中級・上級 25記事で解説

IPO投資のため、今のうちに口座開設して準備しよう!
口座開設で当選確率アップへ

■【必見】20代の方に読んでもらいたい!
20代から始めれば1億円に到達できる資産運用3選

■FXを始めるなら口座開設して投資に備えよう
今ならお得な口座開設キャンペーン有り

■スマホ一つで自動資産運用が可能です
サラリーマン・主婦・学生必見!スマホで自動運用7選

■私が株式投資で人生が変わったお話です。
【おすすめ】株初心者だったOLがIPO投資で年間400万円稼ぐ手順

■話題のインデックスファンドに300万円で爆益!?
SBI・バンガード・S&P500の運用成績を毎日更新

■マイクロソフト株に400万円投資で凄いことに
【365日更新】マイクロソフト株に400万円投資した結果凄いことに

■SBI証券おすすめ投信
積立NISAのリアルな運用成績を毎日公開

■米投資信託800万円の運用で大損失!?
【Twitter・ブログ日々更新】投資800万円の運用で大損失!?

タイトルとURLをコピーしました