▼仕事中にさりげなく株価・LINE・ツイートを確認【アップルウォッチ】

厳選6社!
おすすめ証券会社!

SMBC日興証券
★IPO当選実績ナンバー1。
★管理人一押しの証券会社。
★1口座1抽選の公平抽選。
★お預り資産で当選確率UP。
★配分数10%を抽選へ。

SBI証券 新規口座開設

SBI証券 新規口座開設 | GogoJungleSBI証券 新規口座開設SBI証券 新規口座開設 | GogoJungle
★口座数No.1証券会社。
★IPOチャレンジP有
★プラチナIPO獲得も!
★未成年口座も開設できます。

松井証券 キャンペーン実施中!
★IPOルールが前期型に変更。
★資金不要で抽選参加。
★70%完全抽選配分。
★当選確率も高い!

▼[岩井コスモ証券ネット取引]キャッシュバックキャンペーン実施中!▼
★誰でも平等抽選!
★資金不要で抽選参加。
★幹事数は非常に多い!
★口座数少なめ狙い目証券!

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券
★資金不要で抽選参加。
★当選後入金でOK!
★引き受け幹事数多数!
★未成年口座も開設できます。


auカブコム証券
auカブコム証券
★1口座1抽選の平等抽選
★同一資金申し込みが可能
★年間幹事数が多い
★後期型のIPO抽選方式

ソフトバンク【PO】(9434)の評価とメリット・デメリットを解説

PO・公募増資
スポンサーリンク

とんでもない規模のソフトバンク【PO】(9434)に勝算はあるのでしょうか。

 

ここ数年でもここまで大きな公募増資は聞いたことがありません。

 

今回はSBI証券の「IPOチャレンジポイントプレゼントキャンペーン」を加味しながら考察していきたいと思います。

 

※2020年09月04更新

 

スポンサーリンク

ソフトバンク(9434)POの概要

 

ソフトバンク【PO】は、国内及び海外で最大9億2,749万株の株式売出し及び最大1億57万株のオーバーアロットメントによる売出しを行います。

 

1兆円を超える近年にない規模のPOです。
正直、これはこれまでのPOと桁違いの規模になります。

 

私のもとにも早速、複数の証券会社から連絡が入りました。
安倍総理の辞意表明もあり株価が乱高下しそうな先行き不安から返答は次週持越しとしましたが悩ましいPOではあります。

 

IPO投資家なら記憶に新しい2018年のソフトバンク(9434)上場時は懸念材料が噴出し結果は公募割れという苦い思い出があります。

 

今回も1兆円を超えるようなPOを行うことから需給懸念は拭いきれないです。

 

では今回のソフトバンク【PO】にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

詳しく考察していきたいと思います。

 

幹事
証券会社名
主幹事野村證券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
引受人岩井コスモ証券で株式取引
岡三証券
東海東京証券
水戸証券
西日本シティTT証券

 

売出し内容
価格決定日9月14日(月)~9月16日(水)
受渡予定日9月23日(水)~9月25日(金)
売出し株総数927,490,200株
国内売出し670,474,800株
海外売出し223,491,700株
海外:33,523,700株
オーバーアロッメント100,571,200株
仮条件3.0%~5.0%

 

ソフトバンク【PO】のメリット

ソフトバンク【PO】のメリットは次の通り。

 

(1)貸借銘柄のPO
(2)IPOチャレンジポイント

 

貸借銘柄のPO

2019年の貸借銘柄のPO結果はとても興味深いです。
受渡日に発行価格を上回った割合は87.8%であり平均騰落率は+3.6%もあります。
受渡日に売却で利益が期待できます。

また、空売りすることで、発行価格とのサヤ抜きもできますが、注意点もあります。

公募増資発表後で価格決定前に空売りを行い、新株等で空売りポジションを解消することは禁止です。

しかし、価格決定後であれば、空売りを行い、新株等で空売りポジションを解消することはヘッジ取引として認められています。※貸株料の他に逆日歩が付くリスクがあります。

 

IPOチャレンジポイント

今回最大のメリットはこのIPOチャレンジポイントかもしれません。

現在、SBI証券はPOを購入することでIPOチャレンジポイントを大量にGETできるキャンペーンを開催しています。恐らく、ソフトバンク【PO】を見越してのキャンペーンでしょう。

詳しくは下記の通り、

SBI証券のIPOチャレンジポイントゲットキャンペーンSBI証券公式HPより

IPOチャレンジポイントを一気にゲットできるチャンスです。

当選し購入した場合には1単位で1ポイント(上限50ポイント)となりますので、IPOチャレンジポイントが51ポイント貰えます。

ソフトバンク【PO】の規模を考えると複数枚手に入れることは十分可能です。

しかしそれには概算で700万程の資金をSBI証券に入金する必要があります。
金持ち優遇のキャンペーンであることは間違いないでしょう。

それでも資金を集めることでまとまったIPOチャレンジポイントをGET出来る可能性は広がります。

IPOチャレンジポイントを貯めることでいつかは必ずプラチナIPOをGET出来ます。

 

詳しくは下記の記事を参考にして下さい。

SBI証券で当選多数!なぜIPO投資必須の証券会社なの?理由を解説 | あかぱんのIPO&優待投資日記
私は過去にリンク(4428)、エクストリーム(6033)等々で当選を頂きました。当選に外れてもIPOチャレンジポイントが貯まります!

 

IPOチャレンジポイントプレゼントキャンペーンの問題点もどうぞ。

SBI証券のIPOチャレンジポイントキャンペーンで最大の問題点が
「SBI証券さま勘弁して下さい」と言いたいところです。 貯めたIPOチャレンジポイントが再びインフレ状態になりそうです。 また、キャンペーンに参加される方は注意が必要です。 今回は、しっかりとポイントを押さえてもらえればと思います。

 

ソフトバンク【PO】のデメリット

ソフトバンク【PO】のデメリットは次の通り。

 

(1)売禁止・逆日歩
(2)下落局面でのマイナス

 

売禁止・逆日歩

「売り禁」とは、正式には「貸借取引の申込停止措置」のことで、これが発表されると、新規の空売りはできません。

理由は、空売りが殺到して、信用買いよりも空売りの株数が多くなると貸株用の株の調達が出来なくなるからです。

こうなるとメリットで触れた「発行価格とのサヤ抜き」も出来なくなります。

「逆日歩」とは信用売り残高が信用買い残高を上回ると貸し出せる株の不足を補うために、機関投資家などから株を借りる際に調達費用として発生します。

今回のソフトバンク【PO】もリスクヘッジのため空売りを行う投資家が増え、逆日歩が高額になる懸念もあります。

 

下落局面発生

これは私も何度か経験があります。公募増資に伴うディスカウントで購入できたとしてもPOの価格決定後、受け渡し期間までに下がってしまっていディスカウント分を下回ってしまうとマイナスになります。

今回は超大規模POになりますので複数株の配分を受ける投資家も少なくないでしょう。その場合、利益も大きいですがもちろん損失も大きくなります。

IPOとの大きな違いはここかもしれません。

IPOは初心者向けの投資法で間違いないですが、POに関しては中上級者向きの投資法になりますのでリスク管理は忘れずに。

 

ソフトバンク【PO】の最終考察について

2020年09月10日、ソフトバンク【PO】最終考察について記事を出しました。

 

一読していただけると幸いです。

 

ソフトバンク【PO】最終考察!本当に利益は出るのか?【追加情報】
ソフトバンク【PO】で悩む投資家は多いと思います。 今回、新たに店頭証券会社で得た情報を合わせながら最終考察しました。 ソフトバンク【PO】は本当に利益は出るのか?
ソフトバンク【PO】(9434)現状を全ての主幹事証券に聞いた結果
菅首相誕生目前・日経225採用などソフトバンク【PO】(9434)を取り巻く環境は日々変化しています。 今回は主幹事証券会社に出向き、現状・申し込み状況について聞いてきました。 1兆円を超える超大型規模のPOは成功するのでしょうか。

まとめ

あかぱん
あかぱん

IPOチャレンジポイントでリスクヘッジを!

今回のソフトバンク【PO】はSBI証券から申込一択になりそうです。

理由はIPOチャレンジポイントでリスクヘッジ出来るから。

一般的にIPOチャレンジポイントの価値は1ポイント1,500円〜2,000円の価値と考えられています。

仮にSBI証券のキャンペーンで当選し上限51ポイント貰えるなら10万円近くの利益になります。

上記を踏まえるとSBI証券で申し込むのが妥当でしょう。

しかし、IPOチャレンジポイント分を加味しても相場の風向き次第でマイナスになることは十分考えられます。POはリスクもそれなりにありますから購入は慎重に!

ソフトバンク【PO】の評価に関しては貸借銘柄であり希薄化はないですが、株式需給の悪化は避けられないでしょう。それでも参加する価値はあると考えています。

私の現段階スタンスは・・・

SBI証券で参加予定です!

今後は、地合いを加味しつつスタンスに変更があれば随時情報を発信していこうと思います。

しかし、今回はちょうど同じ時期にIPO申込も重なりますのでタイミングが良くないです。リスクを回避したい人はIPO優先でもいいかもしれません。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

↓6年前に600万円からスタートし4300万円まで増えた全記録です。

【おすすめ】IPO投資の完全マップ【基礎・中級・上級:25記事で解説】
IPO投資&資産運用を6年前からスタートし600万を4300万円まで増やすことが出来ました。 当記事では、投資の基礎から応用まで、基礎・中級・上級:25記事で解説します。限りなく網羅的にまとめましたので、『効果的な投資のやり方がわからない人』や『投資で稼げず悩んでいる人』は是非ご覧ください。

これからIPOラッシュを迎えますので閑散期のいまのうちに口座開設してIPOラッシュに備えましょう。

IPO投資&資産運用で1,000万円稼ぐことは可能!
IPO投資の完全マップ 基礎・中級・上級 25記事で解説

IPO投資のため、今のうちに口座開設して準備しよう!
口座開設で当選確率アップへ

■【必見】20代の方に読んでもらいたい!
20代から始めれば1億円に到達できる資産運用3選

■FXを始めるなら口座開設して投資に備えよう
今ならお得な口座開設キャンペーン有り

■スマホ一つで自動資産運用が可能です
サラリーマン・主婦・学生必見!スマホで自動運用7選

■私が株式投資で人生が変わったお話です。
【おすすめ】株初心者だったOLがIPO投資で年間400万円稼ぐ手順

■話題のインデックスファンドに300万円で爆益!?
SBI・バンガード・S&P500の運用成績を毎日更新

■マイクロソフト株に400万円投資で凄いことに
【365日更新】マイクロソフト株に400万円投資した結果凄いことに

■SBI証券おすすめ投信
積立NISAのリアルな運用成績を毎日公開

■米投資信託800万円の運用で大損失!?
【Twitter・ブログ日々更新】投資800万円の運用で大損失!?

タイトルとURLをコピーしました