厳選6社!
おすすめ証券会社!

SMBC日興証券
★IPO当選実績ナンバー1。
★管理人一押しの証券会社。
★1口座1抽選の公平抽選。
★お預り資産で当選確率UP。
★配分数10%を抽選へ。

SBI証券 新規口座開設

SBI証券 新規口座開設 | GogoJungleSBI証券 新規口座開設SBI証券 新規口座開設 | GogoJungle
★口座数No.1証券会社。
★IPOチャレンジP有
★プラチナIPO獲得も!
★未成年口座も開設できます。

松井証券 キャンペーン実施中!
★IPOルールが前期型に変更。
★資金不要で抽選参加。
★70%完全抽選配分。
★当選確率も高い!

▼[岩井コスモ証券ネット取引]キャッシュバックキャンペーン実施中!▼
★誰でも平等抽選!
★資金不要で抽選参加。
★幹事数は非常に多い!
★口座数少なめ狙い目証券!

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券
★資金不要で抽選参加。
★当選後入金でOK!
★引き受け幹事数多数!
★未成年口座も開設できます。

auカブコム証券auカブコム証券
★1口座1抽選の平等抽選
★同一資金申し込みが可能
★年間幹事数が多い
★後期型のIPO抽選方式

【IPO新規上場】BASE(4477)赤字&大型で公募割れ濃厚か

IPO
スポンサーリンク

 

公募割れも視野に入る要注意銘柄の登場です。

BASE(4477)IPOが新規承認です。

大和証券とSBI証券の共同主幹事であり公開株数は9,213,500株と当選本数はかなり多めとなります。

吸収金額は150.2億円と大型サイズです。

10月25日(金)上場予定で、現在のところ単独上場となります。

 

あかぱん
あかぱん

売出株がかなり多いので上場ゴール感が否めないですね。

 

BASE[ベイス](4477)は、連結子会社であるPAY株式会社及びBASE BANK株式会社の計3社で構成されており、Eコマースプラットフォームオンライン決済サービス資金調達サービス等の事業を運営しています。

BASE[ベイス]は、誰でも簡単にデザイン性の高いネットショップが作成できる仕組みを提供しているEコマースプラットフォームです。

初期費用、月額費用が無料で、多種様なテンプレートを用意しています。

PAY事業では、「PAY.JPサービス」「PAY IDサービス」を行っています。

「PAY.JP」は、Webサービスやネットショップにクレジットカード決済を簡単に導入できるオンライン決済サービスです。

「PAY ID」は、購入者向けのID決済サービスで、あらかじめ「PAY ID」に登録することで、それ以降はIDとパスワードでログインするだけでスムーズに決済を行うことができます。また、「PAY ID」のアプリを利用しQRコード決済を行うことができます。

その他にも、連結子会社であるBASE BANK株式会社において、資金調達サービス「YELL BANK」等のサービスを展開しています。「YELL BANK」によって、ネットショップのさらなる成長をサポートします。

 

売上高は以下の通り。

 

あかぱん
あかぱん

売上高は綺麗な右肩上がりですが、赤字です。

 

 

BASE(4477)IPOの上場スケジュール

銘柄BASE(4477)
上場市場東証マザーズ
吸収金額約150.2億
抽選申込期間10月9日(水)~10月16日(水)
抽選日10月17日(木)
購入申込期間10月18日(金)~10月23日(水)
上場日10月25日(金)

BASE(4477)IPOの幹事団

証券会社
主幹事大和証券
SBI証券
幹事野村證券
みずほ証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
極東証券
あかぱん
あかぱん

大和証券とSBI証券の共同主幹事ですヾ(‘-‘*)

 

この幹事団なら複数株当選も十分に狙えますが慎重に判断したいですね。

スポンサーリンク
岡三オンライン証券

BASE(4477)IPOの初値予想

想定価格
1,630円
初値予想
1,500円 ~ 1,700円

評価

 

BASE(4477)IPO申し込みスタンスは?

あかぱん
あかぱん

BASE(4477)IPOは大型で吸収金額(150.2億円)です。

 

業績も赤字なので、かなり慎重に判断しないと公募割れも十分考えられます。

 

BASE(4477)は、東証マザーズ上場で吸収金額150.2億円の大型となります。

上位株主には継続保有および90~180日間のロックアップが掛かっています。しかし、1.5倍で解除されるため注意が必要です。

利用者数は年々増加しており、売上高は右肩上がりです。しかし、利用者数の増加や機能充実のための先行投資をおこなっているため業績は赤字です。

この赤字と大型ということが投資家にとってかなりのデメリットとなりそうです。

事業内容や売上の伸び的には魅力的ですが、VC(ベンチャーキャピタル)の保有もかなり多いのは気になりますね。

総合的にみて、公募割れ濃厚な要注意銘柄になりそうです。

管理人の現段階スタンスは、

不参加濃厚です!

仮条件も加味しつつ今後を見守りたいと思います。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

■勝率8割を誇るIPOセカンダリー手法について
管理人のセカンダリー手法を大公開

LINE ワンコイン投資について
LINE 500円で資産運用

【永久保存版】IPOセカンダリー勝率8割を誇る手法を大公開!
勝率8割を誇る!「セカンダリー手法」を特別に大公開! 「IPOセカンダリー投資」は市場の注目を大きく集めているため値が大きく動きます。 そのため大きな利益を掴むこともできます。

あかぱん
あかぱん

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

記事が参考になりましたら押してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ

 

タイトルとURLをコピーしました