厳選6社!
おすすめ証券会社!

SMBC日興証券
★IPO当選実績ナンバー1。
★管理人一押しの証券会社。
★1口座1抽選の公平抽選。
★お預り資産で当選確率UP。
★配分数10%を抽選へ。

SBI証券 新規口座開設

SBI証券 新規口座開設 | GogoJungleSBI証券 新規口座開設SBI証券 新規口座開設 | GogoJungle
★口座数No.1証券会社。
★IPOチャレンジP有
★プラチナIPO獲得も!
★未成年口座も開設できます。

松井証券 キャンペーン実施中!
★IPOルールが前期型に変更。
★資金不要で抽選参加。
★70%完全抽選配分。
★当選確率も高い!

▼[岩井コスモ証券ネット取引]キャッシュバックキャンペーン実施中!▼
★誰でも平等抽選!
★資金不要で抽選参加。
★幹事数は非常に多い!
★口座数少なめ狙い目証券!

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券
★資金不要で抽選参加。
★当選後入金でOK!
★引き受け幹事数多数!
★未成年口座も開設できます。

auカブコム証券

★1口座1抽選の平等抽選
★同一資金申し込みが可能
★年間幹事数が多い
★後期型のIPO抽選方式

2018年最大級のIPOソフトバンク!上場の勝算・初値はいかに?

IPO
スポンサーリンク

あかぱん

今週中にもIPOソフトバンクの新規承認が見込まれます。

何株ぐらい当選が見込める?
利益はどのぐらい期待できる?

勝算は本当にあるの?

 

今回はソフトバンクグループの通信子会社ソフトバンク上場に向けた考察記事となります。



今月の10月4日【投資の日】に(狙ってきたんですかね?)日経新聞ニュースにて日本取引所グループが10月中に新規承認を決める方針を固めたとの報道が有りました。

 

おそらく今週中にもソフトバンクIPOの新規承認が来る見込みとなっています。

 

新規承認されたらTV等メディア関係でも大々的に取り上げられて一気に盛り上がりもピークに!

 

もはやソフトバンクの上場は、世界的規模で日本の株式市場全体に大きな影響を及ぼしかねない一大イベントとなりそうです。

 

あかぱん

あかぱん

市場からの調達資金は約3兆円規模に!過去の大型IPOと比べても資金調達額は半端じゃないです!

ソフトバンク 約2兆5000億円
JR九州     約4160億

LINE           約1328億
日本郵政      約6930億

 

通信子会社ソフトバンクの魅力

上場日は12月19日を軸に調整していると報じられています。

 

時価総額規模は8兆円となり約2兆5000億円を市場から資金調達するとみられています。

 

規模に関してはまさに平成最大規模であり郵政グループ3社でも資金調達額は1兆4000億円ですのでソフトバンクIPOの上場規模はまさに怪物クラスです。

 

ソフトバンクの将来性


ソフトバンクグループはトヨタ自動車(株)と配車サービスで
提携するなど携帯電話市場に留まらず新たなビジネスモデルの構築に取り組んでいます。

 

これからの自動車分野でのIT化はもはや必須な面もあり両社の提携は強力タッグとなり将来性も見込めます。

 

携帯分野での競合他社ドコモやauの一歩先を行くいくために新しいビジネス戦略を見出す。上場はそのためのステップであると言えそうです。

また売り上げ面でも18年3月期には3兆2300億円、事業利益で約6800億円となりソフトバンクグループの中でも大車輪の働きとなっています。

 

ソフトバンクIPOは本当に利益を見込めるの?

あかぱん

あかぱん

ここで一つの疑問が・・・

抜群の話題性を誇るソフトバンクIPOですが初値は高騰するの?

ソフトバンクIPOは稀に見るほどの超大型!


ソフトバンクIPOは今年最大のIPO(新規株式公開)となることはもちろんですが平成最大規模での上場となることは間違いなく、過去を遡ってもその規模は群を抜いています。

 

加えて世界的な抜群の知名度とソフトバンクグループとしての総合力はIPOスペック面を評価するうえでもプラチナ級の知名度と話題性になります。

しかしながら一番気になるのはやはりその上場規模になります。

 

IPOは規模が大きいほど初値のパフォーマンスは下がる

 

あかぱん
あかぱん

過去の大型IPOの初値を見ると大きく高騰した銘柄はほとんどありません。


基本的に大きな上場は公開価格を超えていますが、大きく高騰することはあまりないです。

メルカリやLINEなどはかなり異例でした。

 

また、日本郵政(6178)などの国策IPOと比べるとソフトバンクは不安もあります。

 

もちろん近年稀に見る上場規模を誇るソフトバンクは過去の結果に当てはまるとは限りませんが、もしかして公募割れの可能性も正直ゼロとは言い切れません。

 

しかしながら、トヨタとの共同出資会社設立による将来性、抜群の収益力、世界的な知名度を加味すると株価を評価するうえでも投資家からの評価・注目度は高いでしょう。

 

管理人の初値予想は騰落率10~20%見込めると考えています。
過去の大型IPO暴騰率一覧
銘柄公開価格初値騰落率
LINE(3938)3,300円4,900円48.48%
日本郵政(6178)1,400円1,631円16.5%
かんぽ生命保険(7181)2,200円2,929円33.14%
ゆうちょ銀行(7182)  1,450円1,680円15.86%
リクルートHD(6098)  3,100円3,170円2.26%

何株ぐらい当選が見込める?

管理人の過去大型IPO申し込み履歴から見ても主幹事証券からの配分確率はかなり高いと思われます。また規模から推測するに平幹事からの当選も複数見込まれます。

この平幹事証券会社からより多く抽選に参加することで当選確率を大幅に上昇させることが可能です。これにより公募価格比率数%の高騰としても複数単元の当選があればの数十万~数百万の利益が普通に上げられます。

もちろんIPO投資の資本金の大きさも重要になってきます。資本金が少なくても抽選時に前受け金不要の証券会社を利用し、当選した証券会社のみ購入期間に送金することでよりチャンスを増やせます!

 

管理人のネットからの当選株数500~1000株以上は見込めると考えています。

 

管理人は下記の証券会社一覧全てに申し込む予定です!

野村證券大和証券
松井証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
エイチ・エス証券SBI証券
岡三証券SMBC日興証券
岡三オンライン証券東海東京証券
いちよし証券岩井コスモ証券
ライブスター証券みずほ証券
むさし証券GMOクリック証券
カブドットコム証券丸三証券
マネックス証券楽天証券
東洋証券

 

ソフトバンクは知名度、注目度、信頼性、将来性も兼ね備えた世界に誇れる企業です。

 

公開時の資金吸収は世界的にみても大きな水準になり歴史に名を残すIPOとなることは間違いないでしょう。

 

規模の面で不安な点もありますが、抜群の知名度と注目度は超大型規模の上場による不安を払拭してくれるだけの力があると考えます。

 

これは初値を予想する上でもかなりのプラスとなり投資家からの購買意欲を満たしてくれる大きな材料となります。


12月に上場するということでスケジュール面での不安は残りますがソフトバンクに関しては心配無用!

 

需給面では他のIPOを差し置いての横綱相撲となりそうです。

 

これで今週、新規承認されたらネットでも一気に盛り上がるでしょう。

ソフトバンク上場まで世間の情勢を見極めつつ様々な観点から考察を続けていきたいと思いますので今後もよろしくお願いしますヾ(‘-‘*)

過去最大ソフトバンク上場で年末IPO祭りのスケージュールがヤバイ
12月の「IPO祭り」はIPO(新規公開株)で儲ける大チャンス!しかし2018年12月の年末IPOスケジュールに関しては懸念も! 今回はIPOスケジュールが過密な月の【続きを読む】
ソフトバンク上場準備!三菱・みずほ・楽天、IPO投資オススメ銀行は?
年末に向けてIPOスケジュールが密になる時期は資金移動が盛んになります。 IPOの入金・出金に手数料を払っていませんか? この記事を読ん【続きを読む】
運送業界を救う救世主はJR貨物!今後の上場時期についてに考察!
毎年のように上場候補に名前が挙がるのがJR貨物です。 今回はJR貨物の概要と上場時期、株価への影響について解説したいと思います。

 

あかぱん
あかぱん

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

良かったら押してください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました