過去最大ソフトバンク上場で年末IPO祭りのスケージュールがヤバイ

スポンサーリンク
厳選5社! おすすめ証券会社ランキング!
SMBC日興証券 期間限定!冬の口座開設キャンペーン実施中!!菅理人が一番当選回数の多い証券会社さまです。 一押しの証券会社となります。 1口座1抽選の平等抽選! 一般投資家への配分数10%を抽選へ。 本当におすすめです!
株をはじめるなら。 SBI証券の口座開設ができます。(無料)口座数No.1証券会社!IPOチャレンジポイントは落選しても1ポイントGET!ポイントを貯めることで誰でもプラチナIPOをGETできるチャンスが!未成年口座も開設できます。
松井証券 キャンペーン実施中! 2018年9月8日より、IPOルールが大きく変更。 加えて後期型から前期型に変更!申し込みやすい証券会社となりました! 70%完全抽選配分で当選確率も高いのも嬉しいですね。
▼[岩井コスモ証券]キャッシュバックキャンペーン実施中!▼1口座1抽選の平等抽選! ブックビルディング時には資金は必要なし。 幹事引受け数は非常に多いです。 IPO口座開設者は大手に比べ少ないので狙い目の証券会社です。
岡三オンライン証券 総合口座開設岡三オンライン証券 総合口座開設 前受け金なしでIPO抽選に参加できます。IPOに当選した場合は購入期間に入金すればOK年間を通して引き受け幹事数多いです。資金拘束なしの証券会社なのでオススメです!
IPO

 

あかぱん

12月の「IPO祭り」はIPO(新規公開株)で儲ける大チャンス!しかし2018年12月の年末IPOスケジュールに関しては懸念も!
今回はIPOスケジュールが過密な月のメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎年恒例年末「IPO」祭り始まる!

まだ気が早いですが毎年恒例の「IPO祭り」が今年も始まります。

毎年12月は「IPO祭り」とも呼ばれており新規上場する企業の数が非常に多いです

管理人自身も12月にIPO投資を始めましたヾ(‘-‘*)

 

IPO投資を盛んに行える12月は、IPO投資家にとって年に1回訪れる大チャンスの月となります!

また、これから年末に向けて新規承認のIPOは30社程でてくると予想しています。

 

「IPO祭り」のような新規上場が集中する時期は、市場の注目が一手にIPO投資に向かいやすいです。

その結果、セカンダリーなども含め資金がIPO市場に流入し株価が上昇するというメリットがあります。

 

今年は特に超大型で目玉のソフトバンクIPOが上場を控えている為近年にも増して注目が集まるでしょう。

そして一番気になるのはスケジュールです。

なぜならスケジュール管理をしっかり行うことで資金を最大限に活用することが求められるからです。

 

当ブログでも紹介している通り、IPOの当選確率を高める手法は複数の証券会社から申し込むことこの一点が重要になります。
これは、申し込んだ株数とは無関係に人単位で抽選を行うため、一つの証券会社で500株申し込むより、5つの証券会社で100株づつ申し込んだ方が当選確率が5倍高くなるからです。

IPOスケジュール一覧

「IPO祭り」のデメリット

良い事ばかりに思える「IPO祭り」ですが実はデメリットも多くあります。

今週もIPO(新規上場)に関しては承認がありませんでした。

 

この流れですと11月後半までIPOの上場がありません。その後一気にIPOラッシュに突入しそうです(*_*)

IPO銘柄数が多いと、事業内容公開規模による銘柄選別が強まる傾向があります。

 

IPOが連日上場するような過密スケジュールになるとIPOの初値に影響するだけでなく、申し込みの資金繰りも本当に厳しくなります。

さらに過密スケジュールの中にソフトバンクという吸収金額がモンスター級のIPOが控えているため、市場からの資金吸い上げが加速しそうです。

こうなってくると高スペックIPOでもスケジュール過密からの需給の影響や、同日に複数社が上場する煽りを受けたりで初値買いの資金分散が発生し初値が伸び悩むことがあるのです。

「IPO祭り」の波に乗るためには?

「IPO祭り」に参加するためには抽選に参加し当選を勝ち取ることが必須です。そのためには、多くの証券会社から申し込んで当選確率を上げるというのが最大の戦略となります。

そこで問題になってくるのは資金管理です。申し込みから抽選までの期間、購入費用分の資金が拘束される証券会社が多いからです。
つまり、IPOに申し込むのは無料ですが数多くの銘柄に申し込むためにはそれなりの資金が必要となります。

資金に余裕のある人なら問題ないですが管理人のよう限られた資金で「IPO祭り」に参加したい人は普段とは逆で数多くのIPO銘柄の中からより有望なIPOを選ぶことも重要となります。
資金が足りない時は、当選確率の低い幹事証券会社の抽選参加を無くして行くことも時には必要です。

しかしながら安心してくださいヾ(‘-‘*)
そんなときこそ資金拘束のない証券会社の出番です!!

赤字の証券会社は当選するまで資金拘束のない証券会社となります!
もはや金のかからない宝くじ状態なので是非この機会に口座開設をオススメします☆彡

野村證券大和証券
松井証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
エイチ・エス証券SBI証券
岡三証券SMBC日興証券
岡三オンライン証券東海東京証券
いちよし証券岩井コスモ証券
ライブスター証券みずほ証券
むさし証券GMOクリック証券
カブドットコム証券丸三証券
マネックス証券楽天証券
東洋証券
勝率9割!5分でわかるIPOとは?新規公開株抽選・当選全てを解説
IPOとは?新規公開株の抽選参加方法・当選までの流れ、メリットとデメリットを解説! 大量当選のコツやおすすめ証券会社の紹介もあります。 ☆I【続きを読む】

まとめ

あかぱん
あかぱん

今年のIPO祭りはどのIPOに申し込むかが重要になりますヾ(‘-‘*)

今年のIPOはソフトバンク上場という一大イベントも後押しして例年以上に盛り上がると思います。

しかしながら、大型株上場による市場資金の分散や資金面の拘束により初値のパフォーマンスは平年より落ちるかもしれません

そこで求められるのは高パフォーマンスIPOの選定と資金面のローリング、加えて証券会社の上手い活用法です。

今年の「IPO祭り」にチャレンジしたい人は、数多くのIPO銘柄の中からより有望なIPOを選択することが重要となります。

当ブログでは今後もソフトバンクの動向に加え、12月のIPO祭りにおける抽選参加戦略等も掲載していきたいと思います。

今後もよろしくお願いしますヾ(‘-‘*)

毎年4万円もお得!イオン(8267) 株主優待で絶対に得する5つの理由
今回はイオン第66回株主ご優待返金引換証の中身を大公開します! 株主優待の内容についても詳細に解説! 株主優待の人気ランキングでもイオンは常にトップ3にランクイ【続きを読む】
平成最大規模のIPO!!ソフトバンク上場株を大量GETするには?
あかぱん 今回はソフトバンク主幹事団についての最新記事となります。 また、複数当選に向けての準備と過去の大型IPO結果についてとなります。 大型上場はIPO投資にとっ【続きを読む】

厳選5社!おすすめ証券会社ランキング!

SMBC日興証券 期間限定!冬の口座開設キャンペーン実施中!!
菅理人が一番当選回数の多い証券会社さまです。

一押しの証券会社となります。
1口座1抽選の平等抽選!
一般投資家への配分数10%を抽選へ。
本当におすすめです!
株をはじめるなら。
SBI証券の口座開設ができます。(無料)

口座数No.1証券会社!
IPOチャレンジポイントは落選しても1ポイントGET!
ポイントを貯めることで誰でもプラチナIPOをGETできるチャンスが!
未成年口座も開設できます。
松井証券 キャンペーン実施中! 2018年9月8日より、IPOルールが大きく変更。
加えて後期型から前期型に変更!申し込みやすい証券会社となりました!
70%完全抽選配分で当選確率も高いのも嬉しいですね。
▼[岩井コスモ証券]キャッシュバックキャンペーン実施中!▼
1口座1抽選の平等抽選!
ブックビルディング時には資金は必要なし。
幹事引受け数は非常に多いです。
IPO口座開設者は大手に比べ少ないので狙い目の証券会社です。
岡三オンライン証券 総合口座開設岡三オンライン証券 総合口座開設 前受け金なしでIPO抽選に参加できます。
IPOに当選した場合は購入期間に入金すればOK
年間を通して引き受け幹事数多いです。
資金拘束なしの証券会社なのでオススメです!
あかぱん
あかぱん

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

良かったら押してください♪

コメント